ベトナム風冷麺 2017/08/09

先週作った塩豚のゆで豚、焼きナス、揚げたズッキーニを冷した細麺のうどんに載せて、ナンプラーと砂糖と柚果汁とニンニクを混ぜたヌクチャム(ベトナム風のタレ)を掛けて、ベトナム風冷麺を作りました。仕上げにはたっぷりの揚げ葱とパクチーとミントの葉を散らしました。

広島風お好み焼き 2017/08/08

大好物の広島風お好み焼きですが、フライパンで作ると、裏返す時に崩れて見栄えが悪くなってしまうことが多かったので、ネットにあった別々に炒めて最後に合体するレシピで作ってみました。うどんは豚ばら肉の半分と葱と一緒に炒めてソースで味付けし、出来上がりに溶き卵を3つ分投入して、卵とうどんを固めてしまいます。豚肉の半分はカリカリに焼いて、小麦粉を溶いたものを流し入れて蓋を作ります。大量のキャベツとモヤシとイカフライはラップをして電子レンジで蒸しておきます。最後にそれらを順に組合せて、蓋をして蒸し挙げて完成です。オタフクソースとマヨネーズを掛けて頂きました。

塩豚の低温調理 2017/08/04

3日前から塩漬けにしておいた豚肩ロースの塩豚を低温調理で、柔らかく茹で上げました。豚を茹でた時にでた出汁で蒸し煮にした野菜(キャベツと小松菜とニラ)を添えて、カットした低温調理豚を並べました。タレは、ひとつは前田君の台湾土産の蒜蓉醤と刻み葱とゴマとお酢を混ぜた甘辛いタレで、もう一つはニラとお酢とナンプラーとサラダ油をミキサーで混ぜたニラタレを掛けながら頂きました。

グリルド・チキン 2017/08/02

ニンニクとナンプラーとお酢とお酒で下味を付けて置いた鶏肉を、フライパンで弱火でじっくり焼きました。焼いた後の脂で、蒸かしたジャガイモを炒め取り出します。残った脂で、更にハーブ類(バジルとローズマリーとタイム)とベーコン(千葉のイモ豚!)と玉ねぎを炒め、トマト缶を入れて煮詰めたものをソースにしています。レタスのサラダは、玉ねぎと人参と醤油とお酢と砂糖とサラダ油をミキサーで混ぜたドレッシングで和えて頂きました。

塩焼きそば&牛筋煮込み 2017/08/01

葱とニラと干し海老を具材にした塩ユズ風味の焼きそばに、圧力鍋で甘辛く煮こんだ牛筋の煮込み、人参と一緒に蒸したキャベツを盛り合わせて、混ぜながら頂きました。

ビビンバ 2017/07/27

ニンニクと砂糖と醤油と胡麻油で濃いめに味を付けた牛肉と、それぞれ塩具合やニンニク、ショウガと味付けを微妙に変えた野菜のナムル(大根、ニンジン、ピーマンと筍)をご飯にのせて混ぜて頂いたビビンバです。以前旅行で韓国に行った際には、生野菜たっぷりのビビンバが主流になっているようでしたので、次回はそちらにもトライしてみたいものです。

豚肉のレモングラス・グリル 2017/07/26

豚のロース肉と肩ロース肉の二種類を包丁の背で叩いたものを、レモングラスとニンニクの微塵切り、ナンプラーと砂糖と紹興酒を混ぜたタレに3時間ほど漬け込んでおきました。タレを拭った豚肉を魚焼きグリルで軽く焦げ目がつくまで焼いて、キャベツの千切りと生のモヤシを混ぜたものを添えて、上にカリカリになるまで炒めたレモングラスと香菜を乗せて頂きました。

納豆チャーハン 2017/07/21

家でも作ったことが無かった納豆チャーハンを作ってみました。ネットでレシピを見ると、納豆を洗ってヌメリを取る作り方もありましたが、事前に練った後醤油で味を付けて卵を混ぜて泡立てた状態で炒めてゆくレシピが良さそうだったので、そちらで作ってみました。具材は玉ねぎと長ネギとザーサイだけでした。揚げた茄子を戻した干し海老とお酒と醤油の出汁に漬けた一品を添えました。

チキン・ハイデラバーディー 2017/07/20

インドのハイデラバード風のチキンカレーです。北インドのリッチさと、南インドの爽やかさを混ぜたカレーを目指しました。スパイス各種と玉ねぎを炒め、トマト缶とパウダースパースとカシューナッツのペーストを混ぜ、ヨーグルトに漬け込んでおいたチキンを混ぜて、弱火で小一時間火を通しました。仕上げにピーマンと生姜の千切りを乗せて頂きました。

シチューハンバーグ 2017/07/19

牛挽肉と刻み玉ねぎに塩コショウとスパイス少量のつなぎなしのハンバーグです。ソースは以前シチューを作った際に残っていたルーをソースに転用しています。付け合せはイモ豚のハム入りのポテトサラダに、茹でたブロッコリーとレンコンでした。