づけ丼 2017/06/23

ワサビの効いた醤油に漬け込んでおいたマグロと、辛みのある大根おろしと味醂+酒+醤油のタレに漬け込んだサーモン、皮をサッと炙ったしめ鯖の三種類の魚をすし飯に載せたづけ丼です。付け合せはシソ風味のキュウリの浅漬けと浅利のお味噌汁でした。

ビーフシチュー 2017/06/22

品川のカネカ畜産で購入したシチュー用の塊肉があったので、安物の赤ワインに漬け込んで置きました。大量の玉ねぎを炒めて、漬け込んでおいた肉を焼いたもの、トマト缶と赤ワインを投入して、ジャガイモも入れて、圧力鍋で(鍋底に焦げを作りながら)一気に仕上げました。勢いで作った割には、本格的に仕上がりました。

腰果鶏丁 2017/06/21

揚げた鶏肉とカシューナッツ、青と赤のピーマンを炒め合わせ、中華風に甘辛く味付けした腰果鶏丁です。ナッツが大好物なので、写真では判りませんが、相当大目にカシューナッツを入れてみました。付け合せは、茹でたコーンと生キャベツのサラダです。

パッタイ 2017/06/19

米粉でできたビーフンを肉や干し海老や野菜と一緒に甘辛く炒めたタイ風の焼きそばのパッタイです。大量の干し海老はお湯で戻し、刻んでニンニクと一緒に炒め、豚ばら肉と卵と炒め合わせ、そこにお湯で戻したビーフンを入れます。ナンプラーとタマリンドと砂糖と唐辛子で甘辛く味付けしたソースを入れて、野菜(モヤシと行者ニンニク)も入れて炒めて完成です。各自テーブル上で、ナンプラーと唐辛子を漬け込んだお酢を掛けながら頂きました。

鶏肉とコーンとザーサイの炒め物 2017/06/15

鶏のセセリ肉とばらしたコーンと刻んだザーサイを中華風に炒めました。もう一品はブロッコリーとターサイとアスパラガスの青菜炒めを腐乳で味付けし、カリカリに揚げた鶏皮を乗せたものです。

チキン・ヴィンダール・カレー 2017/06/14

インドのゴア地方のスパイシーカレーのヴィンダルーをチキンで作ってみました。唐辛子と各種スパイス(クミン、コリアンダー、黒胡椒、フェヌグリーク)とお酢をミキサーでペースト状にしたものに、チキンを漬け込んでおき、良く炒めた玉ねぎと一緒に煮こみ、仕上げ直前にココナッツパウダーを入れた、酸っぱくて辛くて、ちょっと甘いカレーです。

味噌煮込みうどん 2017/06/13

先週末に中部地方に旅行に出かけたので、そのお土産の味噌煮込みうどんです。肉は豚肉で、具材は葱とアスパラを煮込みましたが、トッピングとして芽キャベツの天ぷらと半熟の卵を乗せています。七味唐辛子を振って頂きました。

肉骨茶 2017/06/12

ちょっと蒸し暑くなりそうだったので、シンガポール料理の肉骨茶を作りました。骨付き豚スペアリブ肉を一度下茹でしてから、にんにくと生姜、八角とクローブ、白コショウたっぷりとシナモンスティックを砕いたものをティーバッグに入れて、圧力鍋で煮こみまし。味付けの塩と玉利醤油と入れて、大根と人参の乱切りも投入して柔らかくなるまで煮て完成です。スペアリブは塩気が薄かったので、お皿に取ってシラチャーソースを掛けて頂きました。緑の付け合せはピーマンのオイスターソース炒めです。

よだれ鶏 2017/06/09

四川料理のよだれ鶏を作ってみました。塩麹に付けて置いた鶏のもも肉と胸肉を、低温調理で火を通しました。その上から唐辛子や辣油と山椒、ごまペーストや黒酢や胡麻油などキッチンにある四川っぽい調味料を混ぜたタレを掛けました。塩揉みしたキュウリを添えています。青梗菜と茄子の炒め物と一緒に頂きました。

台湾風ビーフン 2017/06/07

干し海老と干し貝柱と干し椎茸、豚肉と葱とニンニクとニラといった味のでる素材をふんだんに使った台湾風ビーフンです。乾物類はお湯で戻してから刻み、豚ばら肉を痛めた油で葱とニンニクと一緒に炒めて香りを出しました。水で軽く戻した乾燥ビーフンを入れて、乾物の戻し汁に紹興酒を加えたスープと、醤油と前田君の台湾土産の沙茶醤を加え、仕上げに刻んだニラと水菜と胡麻油を加えて完成です。ゆで豆が残っていたので、酸っぱいサラダにして一緒に頂きました。